週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

伊原春樹コラム「史上2番目の年少記録で2000安打達成! 坂本勇人の最高の武器は強い精神力」

 

11月8日のヤクルト戦(東京ドーム)で通算2000安打をマークした坂本[写真=榎本郁也]


 ついに大台に到達した。11月8日のヤクルト戦(東京ドーム)、初回に巨人坂本勇人が左翼線へ二塁打を放って31歳10カ月と史上2番目の年少記録で通算2000安打を達成。まずは「おめでとう」という言葉を送りたい。

 私と勇人は巨人で“同期”ということになる。2007年、勇人は光星学院高(現・八戸学院光星高)から高校生ドラフト1巡目で巨人入団。同年、私も原辰徳監督の下でヘッドコーチとして巨人のユニフォームを着た。以来、10年までの4年間、勇人とともにプレー。印象深いことは多々あったが、最初に頭に思い浮かぶのはプロ初安打のシーンだ。

 1年目、勇人は開幕からファーム暮らしで二軍の試合に出続けていた。7月に代走で一軍初出場したが、シーズン終盤再び一軍昇格。9月2日の横浜戦(横浜)では「八番・遊撃手」で初スタメンを果たし、初打席も経験していた。そして迎えた6日、優勝争いをしていた中日戦(ナゴヤドーム)。同点のまま延長へ入ったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

伊原春樹の野球の真髄

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング