週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

広島元監督・古葉竹識さんが逝去。いい意味で“二重人格”だった名将

 

広島黄金時代を築いた古葉監督[右]とナイン[左から山本浩二高橋慶彦江夏豊北別府学]


「耐えて勝つ」を座右の銘に、広島黄金時代の監督として4度のリーグ優勝、3度の日本一を成し遂げた古葉竹識さんが11月12日、心不全のため亡くなられた。85歳だった。

 実は古葉さんとは縁がある。私は広島出身。古葉さんの広島での現役時代のプレーも当然、目に焼き付いている。1963年、長嶋茂雄さん(巨人)と首位打者争いを繰り広げた古葉さん。だが、最後にケガをしてタイトルを逃してしまったことも記憶に残っている。64年には盗塁王を獲得。広島で内野のスター選手として活躍していた。

 65年、私は北川工高(現・府中東高)に入学。1年の夏休みの終わりごろ、新たに指揮官となったのが古葉さんの弟・古葉福生監督だった。福生監督はドラフトでプロから指名のなかった私に、芝浦工大進学を勧めてくれて、野球人生の道を切り開いてくれた恩人だ。高校3年時にはチームメートとともに、広島の古葉さんの自宅に連れて行ってもらい激励されたのも覚えている。

 その後、古葉さんは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

伊原春樹の野球の真髄

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング