週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

巨人のクローザー・大勢は6戦連続セーブ。チームに勢いを与える新戦力への期待

 

重圧のかかる守護神を務めながらも新人らしからぬ堂々とした投球を見せる巨人大勢[写真=高塩隆]


 プロ野球が開幕して3カードを消化したが新戦力の働きがチームに勢いを与えている。明暗を分けているのは巨人と阪神だろう。中日との開幕戦(東京ドーム)、巨人は5回に新外国人のポランコが勝ち越しタイムリー。さらに4対2と2点リードの9回にはドラフト1位の大勢がマウンドへ。二死満塁とピンチを背負ったが、最後は木下拓哉を投ゴロに抑えてプロ初セーブを挙げた。大勢はその後、史上初となるデビューから6戦連続セーブを達成。2連投後の3日阪神戦(東京ドーム)ではベンチ入りを外れたが、3連投をさせない方針もプラスに作用しそうだ。ドラフト3位の赤星優志も3日の阪神戦(同)で先発して7回2失点でプロ初勝利。そのほか、新人ではないが堀田賢慎山崎伊織といった今季一軍デビューを飾った投手たちの存在も大きい。

 一方の阪神は開幕戦で大逆転負けを喫した。その戦犯の一人が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

伊原春樹の野球の真髄

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング