週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

投打のバランスが抜群 ますます加速する首位・巨人の勢い

 

4月27日のDeNA戦[横浜]、4回に中島の満塁弾が飛び出して盛り上がる巨人ベンチ[写真=桜井ひとし]


 巨人が首位を快走している。何よりも投打のバランスが抜群だ。まず投手陣では若手の台頭が大きい。赤星優志堀田賢慎大勢戸田懐生平内龍太山崎伊織が初勝利をマーク。4月までに6人の初勝利投手が出たのはNPB史上初だという。故障明けの堀田、山崎伊は「投げ抹消」で間隔を空けながらの先発登板。すでに球団初の新人2ケタセーブを挙げているクローザーの大勢も3連投を回避させている。原辰徳監督、桑田真澄投手チーフコーチによる投手のベストパフォーマンスを引き出す起用法は見事で、これが投手陣の安定感を生んでいると言える。

 新人では赤星も先発入り。巧みなコントロールを武器に勝利を重ねている。実績のある菅野智之戸郷翔征、メルセデスも先発ローテーションで奮戦。さらに新外国人のシューメーカーもテンポのいい投球で抑え込んでいる。コントロールが良く、変化球で簡単にストライクが取れるのが強み。ストレートも微妙に動き、打者が打ちあぐんでいる。

 リーグトップの131得点(4月28日現在、以下同)をたたき出している攻撃陣では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

伊原春樹の野球の真髄

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング