週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

苦い記憶がよみがえるが……。チーム力を押し上げる新人の力

 

03年、ダイエーの新人・和田[左]、新垣はそれぞれ14勝、8勝をマークした[写真=BBM]


 ペナントレースが開幕して1カ月半が経過した。連日熱戦が続いているが、やはりその中でも目立つのは新人選手のプレーだ。新人の台頭はチームを一気に押し上げる力を持っている。自分自身の経験で言えば、例えば2003年。西武監督2年目の苦い記憶だ。前年、新人監督としては最多の90勝を挙げてリーグを制覇。当然、翌年も連覇する自信はあった。そこに立ちはだかったのがダイエー(現ソフトバンク)だ。

 この年、自由獲得枠で早大から和田毅、九州共立大から新垣渚を獲得したダイエー。大学球界トップレベルの投手だったが、1年目から真価を発揮した。和田は14勝を挙げて新人王を獲得、新垣も8勝をマーク。さらにケガによってなかなか才能が開花しなかった斉藤和巳が20勝を挙げた。前年、勝ち頭だった若田部健一が横浜へFA移籍していたが、その穴を一気に埋めて投手王国へと変貌。ダイエーに優勝を阻まれ、西武は5.5ゲーム差の2位に終わってしまった。

 チームの雰囲気を変えると言えば、今季は巨人の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

伊原春樹の野球の真髄

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング