週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

伊原春樹コラム「11連勝も達成! 序盤から首位を快走 一番で楽天をけん引する西川遥輝の真価」

 

日本ハムから移籍1年目、一番でチームをけん引している西川[写真=高原由佳]


 開幕から首位を快走している楽天だが、やはり3・4月度の月間MVPに輝いた西川遥輝の存在が大きいだろう。昨オフ、日本ハムからノンテンダーFAで楽天へ。日本ハムはなぜ、レギュラー格の選手に対してそのような扱いをしたか疑問に思っていたが、新天地で開幕から躍動した。5月15日現在(以下同)、全36試合において一番・左翼でスタメン出場。打率は3割を切って.278だが、目を見張るのはリーグトップの31四球を選んでいることだ。出塁率は.416を数えているから、およそ2打席に1回近くは出塁している計算となる。

 一番として初回先頭で打席に立つ西川だが、3・4月は23試合中、13度出塁に成功。この13試合でチームは11勝2敗と好成績を収めているという。さらに初回出塁後、そのまま得点したケースは8度あり、チームは全勝。西川はリーグトップの29得点を稼いでいるが、その出塁がチームに勢いを与え、勝利につながる原動力となっている。一番の役割を十二分に果たしていると言えよう。

 また・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

伊原春樹の野球の真髄

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング