週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

上位進出へ防げるミスは防ぎたい。簡単に飛び出して……バクチのように見えた盗塁

 

7回、盗塁に失敗したロッテ・和田[写真=井田新輔]


 パ・リーグが混戦になりそうな気配が漂っている。6月26日現在、首位・ソフトバンクから5位・ロッテまでのゲーム差は6。最下位の日本ハムを除いてシビアな戦いが続いている。首位から5位までいずれも投手陣の防御率は2点台。どこのチームも投手陣がしっかりしている。だから、簡単に点を取ることができない。点がなかなか入らないロースコアで僅差のゲーム展開になることが多いが、いつも述べているように、そういったゲームでは一つのミスが命取りになってくるのは間違いない。

 6月22日のロッテ対西武(ZOZOマリン)はロッテ・佐々木朗希と西武・エンスの投げ合いとなった。この日の佐々木朗は160キロ超のストレート、鋭く落ちるフォークのコンビネーションに加え、右打者にはスライダーも使った投球。西武打線を翻ろうして6回まで2安打8奪三振、無失点に封じ込む。一方のエンスも力のあるストレート、カットボールを投じる。4回、安田尚憲に適時二塁打を浴びて1点の先制を許したが、上々の投球を見せた。

 ロッテが1対0とリードして6回裏。ロッテ先頭の高部瑛斗が中前打で出塁する。おそらく盗塁のサインが出ていたのであろう。エンスは一塁へけん制したが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

伊原春樹の野球の真髄

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング