週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

借金5の5位に沈む原ジャイアンツ。セ唯一の防御率4点台巨人リリーフ陣にひそむ問題点

 

チームに浮上の気配が見えず、苦難の表情を浮かべる原監督[写真=榎本郁也]


 巨人がおかしい。V奪回を誓った今季、開幕当初は好調だった。4月28日時点で貯金11の首位。しかし、そこから下降線を描き、7月24日現在(以下同)、借金5の5位にまで沈んでしまった。5月は11勝14敗、6月は9勝13敗、そして7月は5勝12敗1分けの大失速だ。低迷の要因の一つは投手陣の不調だろう。チーム防御率が6月は4.99、7月が5.19。5点を超える防御率では、なかなか勝利を得ることは難しい。

 投手陣の中でも特にリリーフ陣が安定しない。新型コロナウイルス感染で離脱してしまったが、クローザーには開幕からドラフト1位ルーキーの大勢が収まった。しかし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

伊原春樹の野球の真髄

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング