週刊ベースボールONLINE

梨田昌孝コラム

第3回 冷静な状況判断ができずにマートンに食らった3ラン

 

 今回は5月4日の阪神ヤクルト(甲子園)です。ヤクルトは3日の阪神戦で14失点の大敗でした。立て直しへ、この日は若手有望株の中村悠平捕手ではなく、開幕前にロッテからトレードで獲得した田中雅彦捕手を先発起用しました。

 ドラフト2位ルーキーの小川泰弘投手とのバッテリーでしたが、前の試合の悪い流れを引きずるように初回、先頭の西岡剛選手に安打されると、一死一、三塁と傷口を広げた上、絶好調の四番・マートン選手を迎えました。今、阪神では最も手ごわい打者です。不振を極めた昨季に見られた長打狙いでスイングが大きくなる欠点が解消され、1シーズン最多安打のプロ野球記録を樹立した2010年のような打撃が戻っています。特に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

梨田昌孝の戦術眼2013

梨田昌孝の戦術眼2013

2球団の監督として優勝経験を持つ名将・梨田昌孝の試合回顧コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング