週刊ベースボールONLINE

ロッカールーム

日本ハム・公文克彦投手「中学までは主にファーストと外野をやっていました」/あこがれのポジション

 

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「あこがれのポジション」です。

日本ハム・公文克彦投手



 物心が付いたときから左利きで投げるのも左だったのでポジションが限られていました。ファーストと外野とピッチャー。中学生までは主にファーストと外野をやっていました。なので、あこがれのポジションというのはそこまでなくて、できるところをやっていたという感じですかね。

 ピッチャーは中学の終わりくらいから本格的に始めました。地肩は強かったので、小学生のときもたまに投げていました。現在は中継ぎで投げさせてもらっていますが、ほかのポジションに対する思いもあまりありません。もしファーストや外野を続けていたら、かなり打てる選手でなくてはプロには行けないので、大変だったかなとは思っています。

写真=BBM

関連情報

LOCKER ROOM

毎週1つのお題に対して野球人が回答。ホンネが思わず飛び出すことも。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング