週刊ベースボールONLINE

ロッカールーム

ロッテ・松田進内野手「“アライバコンビ”のプレーは食い入るように見ていました」/あこがれの人

 

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「あこがれの人」です。

ロッテ・松田進内野手


松田進は伝説の二遊間にあこがれを抱く


 愛知出身でもない父がなぜか中日ファンだったので、荒木雅博さんと井端弘和さんの「アライバコンビ」のプレーは食い入るように見ていました。まだ、僕が小さいころはテレビの地上波で巨人戦の中継をやっていましたからね。

 グラブトスでのゲッツーとか、流れるような連係プレーをすげえなあと思いながら見て、プロ野球選手は特別な存在だと思っていました。

 当時はもう、野球を始めてはいたんですけど、やっていたポジションは投手か捕手。だから実際に「アライバコンビ」をマネしたりすることはなかったですけど、その後、自分がプロ野球の世界で内野手をやらせてもらっているのは、今思うとちょっとだけ不思議な縁を感じますね。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

LOCKER ROOM

毎週1つのお題に対して野球人が回答。ホンネが思わず飛び出すことも。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング