週刊ベースボールONLINE

ロッカールーム

楽天・太田光捕手「2番をもらえたときはうれしかった」/背番号

 

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「背番号」です。

楽天・太田光捕手


プロでの背番号は重みが違う


 あまり背番号にこだわりはないんですよ。最初にもらった背番号は、確か24番だったかな。初めて1ケタの背番号をもらったのは小学校5年のとき。2番か、いや5番だったかな。記憶が定かじゃないです。1ケタの背番号をもらえて、すごくうれしかったことは覚えているんですけどね(笑)。

 広陵高では2年の夏が終わるまでベンチに入ったことがなかった。そこで新チームになって頑張り、2番をもらえたときはうれしかったです。プロでも2番をいただいたんですけど、逆に今はプレッシャーがあるかもしれないですね。今までとは重みが違うし、意味合いが変わってきているので。その期待に応えないといけないという気持ちが強くなっています。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

LOCKER ROOM

毎週1つのお題に対して野球人が回答。ホンネが思わず飛び出すことも。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング