週刊ベースボールONLINE

岡江昇三郎

アメリカの1Aでハングリーそのものの選手たちを教えた鹿取義隆さんは、自らもドラフト外からタイトルをつかんだハングリー男

 

 元巨人西武のリリーフエースとして活躍した鹿取義隆さんと久しぶりに長話する機会があった。とにかく話の巧みな人で、いつも時間を忘れて聞き惚れてしまう。早い話が頭がいいのだが、筆者は彼の頭の回転の早さをその仕事を通じて、「これは助かるなあ」と実感した。

 2001年、鹿取さんが、ベロビーチ・ドジャース(1A)のコーチをひとシーズン務めることになったので「週ベ」に半年間、フロリダからのリポートをお願いしたことがあった(鹿取義隆の「フロリダ通信」)。

 現地に電話して、1週間のあいだにどんなことがあったか話してもらって、それをこちらでまとめるのだが、毎週、毎週、必ず原稿の核になる話をポンと出して、それに肉付けしてくれる。写真も自分で撮ってパソコンに送ってくれる。こちらとしてはまったく楽な仕事だった。

 枝葉の部分の話も面白く、フロリダ半島は、東と西でまったく気候が違うとか、突然、ブルース・ブラザーズが現れてファンが大喜びだったとか、土地柄、グレープフルーツの樹がそこらじゅうにあるのだが、それを採る人もなく、果実がボタボタ落ちているのが不思議な光景だったとか(我々は「もったいない」と思うのだが、フロリダの人には、日本人が落ちた柿を何とも思わないのと同じことなのだ)。フムフムの話ばかりだった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡江昇三郎のWEEKLY COLUMN

プロ野球観戦歴44年のベースボールライター・岡江昇三郎の連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング