週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「阿部慎之助」

 

8月13日の広島戦[マツダ広島]で2000安打を達成した阿部/写真=前島進


“人気”とは何かあらためて考えた


 先だって巨人阿部慎之助が、通算2000安打を達成した。何試合も前からカウントダウンが始まり、達成した瞬間アナウンスが流れ、ベース上で花束贈呈。翌朝のスポーツ紙では一面を飾った。

 私のころは、2000本打った程度では誰も、何も言ってはくれなかった。球団やファンをあげてのカウントダウンもなし、2000本に到達してもアナウンスもなければ花束もなし。翌朝、新聞の片隅にベタ記事程度で「野村、通算2000安打」とだけ書かれていた(70年10月18日達成)。阿部とはエライ違いである。これを、時代として片づけてよいのか。あるいは今なお、巨人ブランドの威力が強力なのか。

 しみじみ、「“人気”とは何だろう」と・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

野村克也の本格野球論

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング