週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「キャッチャーの打撃」

 

キャッチャーで打てないのは私は信じられない


 巨人阿部慎之助の2000安打達成と前後し、「なぜ昨今のプロ野球界から打てるキャッチャーが姿を消したのか」が一部、話題に上っているようだ。

 前回も書いたが、そもそもキャッチャーは打てない、足が遅い、だけど肩は強い選手が就くポジション。だからキャッチャーの打順といえば、八番が定位置だった。そこへ大阪タイガースの土井垣武さんや私といった強打のキャッチャーが現れ、「キャッチャーもバッターなんだから、打てないより打ったほうがいい」と球界の考え方も変わったのだ。

 しかし私から言わせてもらえば、キャッチャーで打てない選手のほうが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

野村克也の本格野球論

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング