週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「巨人」

 

高橋監督[左から2人目]にもいま一度、野球とは何かということを考えてもらいたい/写真=高塩隆


人間教育のできる監督は今や12球団に皆無だ


 私は関西・京都に生まれながら、子どものころから巨人ファンだった。だから、真っ先にバッティングをマネしたのは“赤バット”の川上哲治さん。できることなら、巨人の一員になりたかった。しかし1年先輩に甲子園のスター捕手がいたことから、巨人へのあこがれを捨て、南海のテストを受けた。

 プロ野球選手になってからも、私はパ・リーグ育ちだったため、人気があって強い巨人には一種のコンプレックスを抱いていた。なんとしても巨人を倒そうと思った。

 監督就任のときには、V9巨人の将・川上さんをモデルにした。あのころの巨人はミーティングが多いと聞き、同じキャッチャーの森昌彦(現・祇晶)に「川上さんはミーティングでどんな話をするの?」と何度も聞いた。森いわく、「野球の話はほとんど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

野村克也の本格野球論

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング