週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「メジャーでの大谷翔平」

 

ここまで来たら、大谷にはメジャーで二刀流を貫いてほしい/写真=Getty Images


誰もやらないことをやるのが真のプロ


 大谷翔平(エンゼルス)がメジャー・リーグでも、二刀流で異彩を放っている。中には、『ベーブ・ルースの再来』と呼ぶ声もあるようだ。ベーブ・ルースといえば、83歳の私が生まれる前に全盛期を送った選手。そんな大昔の選手の名が比較対象として出てくるのだから、二刀流がどれほど難しいことか分かる。

 大谷の二刀流に対し、私の考えはこれまで揺れてきた。最初は、「二兎を追う者は、一兎も得ず」という結果になってはもったいないと思い、反対した。160キロの速球は、われわれ凡人がどんなに努力しても叶わない、天性の素質。まずはピッチャーでやってみて、それからバッターに転向しても、決して遅くはないだろうと考えたのだ。

 しかし、大谷の投打にわたる活躍と謙虚な姿勢を見るにつけ、二刀流を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

野村克也の本格野球論

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング