週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「日本シリーズ」

 

ヤクルト監督時代の93年、西武との日本シリーズ初戦にシュートを持つ荒木を先発させ、相手右打者に内角を意識させた/写真=BBM


「2戦目重視」はV9巨人なればこそ


 両リーグのクライマックスシリーズ(CS)も終わり、この号が発売されるころには広島ソフトバンクの日本シリーズが開幕している。

 それにしてもパ・リーグのCSは、“野球の原点”を思い起こさせてくれるような試合になった。特に短期では“原点”に忠実なチームのほうが強い。今年も結局、ピッチャーの良いほうのチームが勝った。ソフトバンクのピッチャーはセオリーに従い、困ったときは外角低めにきっちり投げ、バッターを打ち取った。その点、西武は力不足だった。

 さて私にとって思い出深い日本シリーズといえば、やはりヤクルト監督時代の1992、93年。西武との日本シリーズである。あのシリーズは、面白かったなあ。現役時代、キャッチャー談議を交わしてきた森祇晶が敵将なのだ。当然、「負けてたまるか」という気持ちになる。

 日本シリーズのような短期決戦でよく言われるのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング