週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「甲斐拓也&菅野智之」

 

今年の日本シリーズで6連続盗塁刺の新記録を樹立し、MVPに輝いたソフトバンク・甲斐/写真=毛受亮介


捕手はシリーズを経験して変わる


 日本シリーズが終わり、あとは日米野球を残すのみになった。シリーズMVPに輝いたソフトバンク・甲斐拓也も、いまや堂々サムライの一員だ。

 シリーズを戦うと、キャッチャーは心底疲れ果てる。それはシリーズの大舞台、7試合という短期決戦の司令塔となる責任の重さゆえ。だから私も、シリーズが終わるといつもホッとした。

 しかし一方で、その経験がキャッチャーを成長させることは確かである。短期決戦では、1球たりとも疎かにできない。甲斐も今回のシリーズで、大いに学ぶところがあったはずだ。

 日本一が決まった直後、テレビの取材でソフトバンク・達川光男ヘッドコーチと話をした。達川も、良いキャッチャーを育てたものだ。「短期決戦のビッグゲームにおいては、キャッチャーがより重要」という私の理論を、実証してくれた。

 まあ事実かお世辞かは分からないが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング