週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「監督の器」

 

巨人は三たび、原監督がユニフォームにソデを通したが……/写真=大泉謙也


巨人の監督人事はその場しのぎの典型例


 巨人はまだ、迷走しているのか。

 高橋由伸監督を切ったのはともかく、いっぺん『勇退』という名でクビを切った原辰徳をまた呼び戻した。どういうこっちゃ。監督人事にまったく一貫性がない。その場しのぎの典型的な例だ。

「信は万物のもとを成す」

 これはこのページでも私が口酸っぱく書いている言葉。チームの屋台骨は、『信頼』だ。巨人のフロントが原を呼び戻すのは分かる。しかし、果たして選手がそれを望んでいるのか。原を全面的に信頼しているのか。そこが最大のポイントだと私は思う。

 逆に言うと、原を呼び戻した狙いが私には分からないのだ。呼び戻さなければいけないほどの能力があるのなら、最初からクビにしなければいい。

 私は彼に、“監督の器”を感じていない。そこがまず、監督として評価できない・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング