週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「捕手の難しさ」

 

今季は一塁手として出場を重ねた阿部。来季は捕手に再転向する/写真=井田新輔


阿部のキャッチャー。復帰はもう遅い


 前号で巨人の迷走(?)について「さっぱり分からない」と書いたが、巨人関連ではもう一つ、分からないことがある。阿部慎之助のキャッチャー復帰だ。

 2009年、12年と日本シリーズを経験し、キャッチャーとしても大きく成長した。それを褒めた矢先、ファーストを守る機会が増え始め、ついにはキャッチャーをやめてしまった。あれにはガッカリしたものだ。体のあちこちを故障したせいもあったようだが、キャッチャーに故障はつきものだ。特にヒザと腰の痛みは、職業病のようなもの。自分の体とも闘いながら、3000試合出場してみろ、と言いたい。

 阿部は来季、不惑の40歳。「最後はキャッチャーで終えたい」とかなんとか言って、復帰を決めたそうだ。もう遅いよ。

 そもそも小林誠司がダメだ、ダメだと言われるのも、私は小林自身というより・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング