週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「三原脩&背番号」

 

西鉄時代の三原脩監督/写真=BBM


投手交代のタイミングの遅さ


 私のコラムを読んだ読者から、こんな質問をいただいた。

「2月4日号で、野村さんは『褒めることの難しさ』について、鶴岡(鶴岡一人)監督の例を出して書いていらっしゃいました。(※記事はこちら→「野村克也が語る「褒めることの難しさ」」)やはり野村さんの選手時代の監督さんは、よくおっしゃるように軍隊式で、『褒めて育てる』ような方はいらっしゃらなかったのでしょうか」(S・H、36歳)

 鶴岡さんと同じ時代の監督でも、三原脩さんは『褒めて育てる』典型的な監督だったと思う。巨人時代の三原さんを私は知らないが、西鉄を指揮していたころの三原さんは、そうだった。

 自軍の選手は徹底して褒めたし、好プレーでベンチに戻るや、抱きつかんばかりの勢いで出迎えた。選手と酒席をともにすることも多かったと聞いている。

 一方、ライバルチームの主力選手はボロカスに言う。私も散々、けなされた。あるときは球場で会って挨拶をしても、フンッとばかりヨソを向かれた。あれも自軍の選手に優越感を持たせ、相手選手の冷静さを失わせようという作戦だったのだろう。

「野村の優しい顔を鬼の形相にしたら、こっちのもんだ」だったかな。そんな言われ方をしたこともあった。しかし、それを聞いて私は逆にうれしかった。「あの三原さんが、俺をマークしているんだ」と思ったためだ。

 話は逸れるが、三原さんに関して私が最も印象に残っているのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング