週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「本塁打王」

 

狙って本塁打を打てる山川は天才だ/写真=大泉謙也


「狙ってホームランを打つ」本塁打王・山川は天才


 ちょうどこの原稿の内容を考えていたころ、西武山川穂高が死球による1試合欠場から復帰、その試合で1安打(二塁打)、3打点、2四球と活躍したと新聞で読んだ。昨季47本塁打で、パ・リーグのホームラン王。今季、オープン戦での数字はどうなのかと見ると、3月15日現在、5試合に出場し、2本塁打だった。

 山川とは昨年、テレビ番組の企画で少し話をしたことがある。私は一番気になっていた点について尋ねた。

「いつもホームラン、狙っているの?」

 すると山川は、こう答えた。

「状況次第ですが、追い込まれるまでは、基本的にバックスクリーンを狙っています」

 私は、うなった。通算ホームランを657本打った私でさえ、バックスクリーンを狙ったことは一度もない。なぜなら、私は「ヒットの延長がホームラン」だと考えているからだ。私がそう言うと、「僕は、ホームランの打ち損じがヒットと思ってやっていました」と山川。まさに、天才だ。

 山川と同じ言葉を南海時代、門田博光から聞いた。彼も「常に場外ホームランを狙っている」「場外ホームランの打ち損じがホームランで、ホームランの打ち損じがヒット」と言っていた。

 以前も書いたと思う。

「ブンブン、バットを振り回すのはよせ。王(王貞治=当時巨人、現ソフトバンク会長)だって、ホームランを狙って打ってなんかいないぞ」と門田に言っても・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング