週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「上原浩治」

 

ルーキー時代からハイレベルな投球を見せた上原/写真=BBM


シーズン途中の引退は球団への気遣いか


 巨人上原浩治が5月20日、現役引退を表明。今後、どうするのかなと思っていたら、「家族と話し合って今後の方針を決める」と言い、昨日(6月3日)、自宅のあるアメリカへ戻っていった。

 それにしても、シーズン終了を待たずして引退するのは、珍しい。球団に気を使った面もあるのではないか。このまま中途半端に引っ張ってシーズン終了間際に言われるよりは、早めに言ってもらったほうが球団としても何かと動きやすい。実際、上原も「若手の投げる機会を奪っては、チームに迷惑をかけてしまうから」と言っていたそうだ。

 今年、44歳。ピッチャーとしては、長く現役生活を全うしたほうだろう。昨オフ、左ヒザのクリーニング手術に踏み切ったと聞く。やはり人間、誰もが足腰から衰えるということか。その後は本来の球威が戻ることなく、引退の日を迎えてしまった。

 上原といえば巨人時代、私は阪神監督として彼と対戦した。99年4月4日の上原プロ初登板が、奇しくもこのカード。そこはきっちり、ライバル球団のルーキーに黒星をつけておいた。ただし、それ以降は3年間で10勝も献上してしまったのだが。

 上原の素晴らしさはまず、そのコントロールと“原点能力”の高さにあった。“原点能力”とは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング