週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「捕手で首位打者」

 

思い切りのいい打撃で打率上位を走る森友哉/写真=榎本郁也


番記者に一塁手転向を勧められたことも


 西武・森友哉が(この原稿を書いている8月4日時点で)、首位打者に返り咲いている。もし、このまま森が首位打者を獲ると、私、古田敦也(元ヤクルト)、阿部慎之助(巨人)以来となるキャッチャーの首位打者が誕生する。

 ポジション別でいうと、キャッチャーは首位打者の獲りづらいポジションだ。もちろん、私も現役時代はバッターなら誰もが思うように、1試合最低1本はヒットを打とうと考えて、打席に立っていた。しかし、首位打者のタイトルなど獲れるとは思わなかった。過去、キャッチャーの首位打者は一人もいなかったからだ。ましてやホームラン王まで獲ろうとは……。

 なんといっても、キャッチャーは重労働。私たちの時代、日祝日にはダブルヘッダーが組まれていた。特に真夏のダブルヘッダーはこたえたものだ。しかし、それでもダブルヘッダーの1試合を休もうとは思わなかった。当時、外国人選手からはよく「ムース、休ミナイ、ホワーイ?」と言われた。「お前、そんなに毎試合出て疲れないのか」と言いたかったのだろう。MLBシンシナティ・レッズの名捕手、ジョニー・ベンチですらダブルヘッダーのときは1試合休んだのに、と驚いていた。

 阪急の正捕手だった岡村浩二にはあるとき、こう聞かれた。

「ノムさん、正直に答えて。“もうここで打ってもしゃあないわ”っていう、いい加減な打席はない?」

「そりゃあ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング