週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る「セカンド」

 

セカンドの名手だった元阪神鎌田実/写真=BBM


ノックで金が取れた?阪神・鉄壁の内野陣


 前々号の本誌で、鎌田実(元阪神ほか)の訃報を見た。残念だ。

“守備へのこだわりが強く小社のBBMカードの依頼があると必ず「守備の写真を使ってほしい」とリクエストがあった”とのエピソード。いかにも名手・鎌田らしい。

 1950年代後半から60年代前半の阪神で、セカンド・鎌田と二遊間を組んだのは『牛若丸』こと吉田義男さん。この2人にサードの三宅秀史さんを加えた内野陣は、まさに鉄壁だった。鎌田の入団2年目で引退、退団してしまったので、実際に受けたかどうかは分からぬが、その内野陣に対し、試合前のノックをするのが『物干し竿バット』の藤村富美男さん。ノック風景だけで「金が取れる」といわれるほど見事で、観客は試合前から沸きに沸いた。

 あれは、藤村さんがあらかじめ打つ位置を決めていたそうだ。だから、なおさら呼吸の合ったプレーができる。“練習”というより、「これがプロのプレーだ」とアピールする“ファンサービス”のようなものだったと思う。今は、そんな気持ちでノックを受けている選手もいないだろう。単なる体慣らしのルーティンになっているのではあるまいか。

 鎌田はバックトスの名手でもあったが67年、近鉄に移籍し、翌年に指揮官となった三原脩監督に「ほかの選手がついてこられないから」と禁じられてしまった。なんとももったいない話である。鎌田はそれで、「吉田さんのレベルがいかに高かったかが分かった」と語っていたという。

 私の記憶にある鎌田といえば、守備は抜群ながらバッティングにはまるっきり興味がなさそうだった。それでも二番バッターとして、1962年の優勝に十分貢献した。

 ところでわが南海にも、この阪神内野陣に匹敵する、通称『百万ドルの内野陣』がいた。私が入団間もないころのセカンド・岡本伊三美さん、サード・蔭山和夫さん、ショート・木塚忠夫さんだ。この人たちのシートノックも、素晴らしかった。まだ二軍選手だった私は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング