週刊ベースボールONLINE

野村克也の本格野球論

野村克也が語る“成長する秘訣”「新人諸君は失敗を恐れず、どんどんぶつかっていってほしい」

 

当連載の筆者である野村克也さんが2月11日にご逝去されました。ご生前の功績を偲びますとともに、編集部員一同、謹んで哀悼の意を表します。当連載に関しましてはご生前、野村さんが書き溜めていた原稿が残されておりますので、3月16日号(3月4日発売)まで続けさせていただきます。(週刊ベースボール編集部)

ロッテのドラフト1位・佐々木朗希/写真=高塩隆


プロ入りは出発点。達成感に浸るな


 2月1日はプロ野球選手にとっての元日だ。2月を迎えると、「今年もいよいよ始まるな」と思う。プロ野球の現場から離れてもう10年以上経つのに、いまだ同じ気持ちになるのだ。それだけ、体に染みついているということだろう。

 ただこのところ、同級生だけでなく年下の連中の訃報ばかり聞いて、イヤになる。先日も元中日高木守道が亡くなったと聞いた。リーグが違うから、あまりよくは知らないが、守備もバッティングも天才的な選手という記憶がある。セカンドへのバックトスなど、人のやらないことをやって目立つ選手だった。特に私は不器用だったから、そういう器用な人がうらやましかった。

 高木は私より6つ下。なんだか私ももう早う行けと言われているような気がしてきた。人間は誰でも死ぬものだから仕方ないのだが、若い読者諸君は生きているうちが華と思って、やりたいことはやっておいてほしい。

 まあ、年寄りの戯言(ざれごと)はともかく、今はキャンプもたけなわ。各球団の新人選手たちも皆、それなりにプロの洗礼を浴びているのではないだろうか。新人選手はまず、勘違いをしないことだ。「将来はプロ野球選手になりたい」という夢を子どものころから描いてきて、今やっと、その何年か越しの夢が叶った。そこで達成感に浸ってしまう選手のなんと多いことか。

 ましてや・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

野村克也の本格野球論

野村克也の本格野球論

勝負と人間洞察に長けた名将・野村克也の連載コラム。独自の視点から球界への提言を語る。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング