週刊ベースボールONLINE

2018タイトルホルダーインタビュー

DeNA・東克樹インタビュー 小さな左腕の大きな第一歩 「真っすぐが生命線。その出来が試合のカギとなっていた」

 

開幕先発ローテをつかむと、一度も二軍に落ちることなく大車輪の働きだった。チームトップの11勝、防御率2.45は沢村賞の菅野智之(巨人)に次ぐリーグ2位の成績を残し、全体294票中290票を集め、文句なしの新人王に選ばれた。「長くプロの世界で生きていきたい」とヤクルト石川雅規を目標に掲げる170センチの小さな左腕は、最高の形でプロでの生活をスタートさせた。
取材・構成=滝川和臣 写真=BBM

11月27日に行われた「NPBアワード2018」では新人王のトロフィーを受け取った


公言どおりクリア「2ケタ勝利」「新人王」


 ベイスターズの若手が暮らす横須賀の選手寮は、海上自衛隊の基地と目と鼻の先にある。取材をしたのは秋季練習も終わり、普段より選手が少なくなった青星寮。目の前に秋の日差しを浴びた艦船が停泊するのんびりとした午後、東克樹は落ち着いた口調でルーキーイヤーを振り返ってくれた。

──新人王、おめでとうございます。

 ありがとうございます。チャンスがある年に選んでいただいて、光栄です。すごくうれしいです。

──家族など周囲の反応はいかがですか。

 シーズン中、家族はよく試合を見に来てくれたり、僕が先発するときは毎試合欠かさずにテレビで観戦してくれて、「ナイスピッチ」と声を掛けてくれていたので、とても喜んでいます。特にお母さんが喜んでいるかな。いつも結果を気にしてくれていたので。

──入団のときに掲げた「2ケタ勝利」「新人王」の目標を両方ともクリアです。

 正直に言えば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

タイトルホルダーインタビュー

タイトルホルダーの喜びの声やタイトル獲得の背景に迫るインタビュー企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング