週刊ベースボールONLINE

2019タイトルホルダーインタビュー

中日・大野雄大インタビュー 仲間の想いを背負って──「みんなの『大野にタイトルを』に『絶対に獲らなアカン』と気持ちが入った」

 

もうドラゴンズではダメかもしれない。2018年に勝ち星ゼロの左腕に対し、密かにささやかれていたことだ。「完全に自信を失っていた」と言うが、新首脳陣と仲間からの信頼で本来の力を取り戻した。タイトルホルダーを取り上げる連載第3回は、そんな竜の左のエースの復活までのストーリー。
取材・構成=坂本匠 写真=松村真行、BBM


タイトルの盾は宝物。一番目立つところに


 高いリリースポイントから投げ下ろす、力強いボールが戻ってきた。2015年のプレミア12では、複数のメジャー球団スカウトが絶賛したストレートと、変化球のコンビネーションも健在。前年勝ち星ゼロの左腕は、25試合に先発登板、9勝8敗と2ケタ勝利には届かなかったものの、防御率2.58で初の最優秀防御率のタイトルを手にした。

――初の個人タイトル獲得です。率直な思いを教えてください。

大野 めちゃくちゃうれしいです。自分がプロの世界で個人タイトルに絡めるとは思ってもいませんでしたから。しかも、防御率ですからね。

――投手の主要3部門は防御率、勝利数、奪三振です。防御率に関してはどんな考えを持っていたのですか。

大野 ピッチャーって、防御率が一番うれしいんじゃないでしょうか。理由は一番抑えたという数字やと思うから。新聞とか雑誌もそうですけど、選手の記録が載っているものって、勝利数とか、奪三振数とかさまざまな項目がある中で、防御率が一番良い選手が、一番上になるように並べられていますよね? そこのトップに最後、いられたことがすごいことやと自分でも思います。

――タイトルを意識し出したのはいつごろからですか。

大野 本当に意識し出したのは……8月に入ってからくらいですかね。4月を終えてから、2点台をキープしていたんですが(5月7日時点では1.85)、6月19日の西武戦(ナゴヤドーム)で5失点してしまって、一度、3点台になってしまいました。そこからまた2点台、3点台を行き来して、8月に入ってすぐの巨人戦(6日@ナゴヤドーム)で7回無失点で2点台に戻して(2.89)、そこから連続無失点などで成績がいいんです。2点台をキープしているときに、ランキングも5位以内に入ってきました。その時点ではまさか獲れるとは思っていないんですけど、「もしかしたらな」と冗談半分には話していたと思います。そうこうしているうちに防御率がどんどん下がって、9月30日のチームの今季最終戦にローテーション的にも投げられそうとなったので、最後の最後まで頑張ってみようと。とはいえ、広島のジョンソンが僕の上にいたので、最後の最後には“他力”も必要なのかなと。

――9月27日の広島との最終戦(マツダ広島)で、ジョンソンが先発しました。そしてこの試合で……。

大野 味方が打ってくれました(※ジョンソンは7回途中4失点)。その試合前に円陣で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

タイトルホルダーインタビュー

タイトルホルダーの喜びの声やタイトル獲得の背景に迫るインタビュー企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング