週刊ベースボールONLINE

2019タイトルホルダーインタビュー

楽天・松井裕樹インタビュー 尽きない向上心 「抑えの経験が先発に生かされるかどうか、分からないからすごく楽しみ」

 

自己最多を更新する68試合に登板して38セーブをマーク。チームの勝利のため、必死に左腕を振り続けた日々の先には、初タイトルというご褒美が待っていた。現役屈指のクローザーはそれでも、満足感に浸ることなく新たな道へと進む。
取材・構成=阿部ちはる 写真=井沢雄一郎、BBM


大きかった周囲の力


――最多セーブ受賞おめでとうございます。松井選手にとって、初めてのタイトルです。

松井 ありがとうございます。うれしいですね。ただ失敗もあったので、それがなければ40セーブに届いたわけですし、満足ではないです。

――セーブ王のタイトルは、抑えを任されるようになってから常に目指していたタイトルです。獲得の難しさをどこに感じていますか。

松井 自分で左右できるものではないですから。来たものをしっかり務め上げることはできるのですが、セーブ機会が100回あるかもしれないし、1回もないかもしれないというところで、そのタイトル自体についてはチームのおかげでしかないと思います。実力以上に多くのことが重ならないと獲れないタイトルですね。

――NPBアワードのコメントでも、「周りの人に感謝」という言葉がありました。

松井 特にシーズン序盤は則本(則本昂大)さんと岸(岸孝之)さんがいない中、美馬(美馬学、現ロッテ)さん、辛島(辛島航)さんを中心になんとかつないで、中継ぎ陣も勝ちを消さないよう本当に頑張っていました。自分で頑張っていたと言うのはおかしいですけど、みんなで必死につないで勝利をもぎ取っていた春先の試合は、やはり印象に残っていますね。

――序盤戦は逆転での勝利も多かったので、準備の難しさも感じていたと思いますが。

松井 それは5年間やっているので慣れてきた部分もあります。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

タイトルホルダーインタビュー

タイトルホルダーの喜びの声やタイトル獲得の背景に迫るインタビュー企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング