週刊ベースボールONLINE

2021タイトルホルダーインタビュー

中日・柳裕也インタビュー 尽きない向上心「捕手の構えたところに正確に投げ込むことだけが、コントロールじゃない」

 

シーズンを通して抜群の安定感を見せた。序盤から低迷するチームの中で、懸命に腕を振り、黙々と投げ続けた。5年目にしてつかんだ初タイトル。しかも2冠だけに喜びも大きい。
取材・構成=牧野正 写真=桜井ひとし、井田新輔、川口洋邦

最優秀防御率、最多奪三振の投手タイトル2冠を獲得した柳。今年は「プロ5年目でやっと初めてシーズンを通してできたかな」と話した


危機感からの脱出 自分を見つめ直せた


 開幕前のタイトル候補予想に大野雄大(中日)や菅野智之(巨人)の名前はあっても、柳裕也の名前は見当たらなかった。プロ3年目の2019年に初の2ケタ勝利をマークしたものの、20年は故障もあって6勝止まりでは無理もない。しかもオープン戦では3試合で14失点、防御率7.88と炎上。本人もタイトルなど考えもしなかった。5年目の今シーズンは追い込まれた中で始まり、そして思いがけない結果で終わった。

──最優秀防御率と最多奪三振の2冠獲得、おめでとうございます。

 初めてのタイトルですから、やっぱりうれしいです。

──シーズン終盤は意識しましたか。

 最後のほうは、どうしても意識してしまいました。自分の数字というのは、どうしても気になっていたし、やっぱり毎日毎日、数字で出ますから。

──どちらのタイトルがうれしい?

 これはどっちもうれしいです(笑)。比べられないし、2つも獲れたっていうことが本当にうれしいです。

──最多勝も射程圏内で投手3冠の可能性もありました。勝率を含めれば4冠のチャンスも……。

 あったかもしれませんが、そこはまた来年頑張ります!

──昨年は大野雄大投手がまったく同じ2冠獲得でしたが、大野さんからは何かタイトルについて言われましたか。

 祝福の言葉をいただきましたし、お祝いの品もいただきました。ゴヤールのスーツなどを入れるバッグ(ガーメントバッグ)です。刺しゅうも入っていてびっくりしました。感謝です。

──タイトルではありませんが、172投球回もリーグトップでした。これもうれしいのでは。

 今シーズンは9回打ち切りでしたから、いつもより継投も早くなっていくだろうと思っていました。実際そうだったと思いますし、その中で自分がリーグで一番投げられたというのは自信になりましたし、確かにうれしいですね。

──2年ぶりの2ケタ勝利で、しかも同じ11勝ですが、2年前と比べて何か違いはありますか。

 2年前、19年のシーズンは3年目でしたけど、それまで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

タイトルホルダーインタビュー

タイトルホルダーインタビュー

タイトルホルダーの喜びの声やタイトル獲得の背景に迫るインタビュー企画。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング