週刊ベースボールONLINE

惜別球人2016

広島・倉義和 引退惜別インタビュー 「頑張れよ」のひと言が力になった

 

19年間の現役生活で規定打席に達したことはない。だが、手練の投手たちの信頼をつかみ、“専属”として確固たる地位を築いた倉義和。選手会長を務めるなどチーム、そしてファンから愛されたいぶし銀が、現役最後のメッセージを送る。


黒田の叱責が向上のきっかけに


入団当初はプロのレベルの高さに驚かされた。出場機会を求めて腕を磨く日々。そしてプロ8年目の春季キャンプで運命の瞬間が訪れる。

──入団当初、プロのレベルをどう感じましたか。

倉 初めのうちは「この世界でやっていけるのかな。ついていけないんじゃないか」というのが第一印象でした。すべてにおいて速いのに正確。バッティングだとボールをとらえる確率は高いですし、投手が投げるボールのスピード、キレが全然違う。すべての人がすべてにおいて、僕の実力以上。この中でやっていけるのかというのが正直なところでした。

──しかし1年目から試合に出場しています。

倉 出してもらったのは6試合ですか。でも、自分の中では出場した記憶がほとんどないんですよ。一軍ではなく二軍で練習していた印象のほうが強い。一軍でもブルペンやベンチで裏方的な役割がほとんどで、本当についていくのがやっとという感じでした。

──当時の主力は西山秀二捕手、瀬戸輝信捕手などがいました。先輩を見て、どこで勝負しようと思いましたか。

倉 やはりキャッチャーですから、バッティングよりも守備で、とは思いました・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

惜別球人

惜しまれながらユニフォームを脱いだ選手へのインタビュー。入団から引退までの軌跡をたどる。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング