週刊ベースボールONLINE

惜別球人2017

狩野恵輔 引退惜別インタビュー どん底からはい上がったいぶし銀 「どうしたら試合に出られるかを考え、外野での道を探しました」

 

引退選手にスポットを当てるオフ恒例の「惜別球人」。その第2回は、虎の狩野恵輔だ。苦節9年目で正妻の座を獲得も、城島健司の加入でその座を奪われ、腰痛により育成に。だが支配下復帰後は代打での無類の勝負強さを発揮した。まさに波乱万丈の人生を送った苦労の17年間を振り返った。
取材・構成=椎屋博幸、写真=早浪章弘、BBM


「ありがとう」と言われる人生


高卒ルーキーとして入団するまでは、即戦力で通用すると信じていた。しかし、キャンプ初日で、その鼻っ柱を折られ、約5年間も二軍暮らしを送った。そんな選手が17年後、自身の引退試合で「ありがとう」と言われる選手にまで、登り詰めた。

──17年間の現役生活お疲れ様でした。現役を終えられて、1カ月近く時間が経ちました。

狩野 かなりゆっくりさせてもらっています。朝も自由ですし、子どもの送り迎えだけをやっている感じです。シーズン中、一軍にいるときは、送りはできるんですが、二軍にいると朝が早いので、できません。今年は二軍だったので、それができなかったですからね。

──急にゆっくりとした生活になると、これでいいのかな、という不安はないですか。

狩野 不安はありますけど……17年やってきたので、いまはゆっくりしようかなと。

──阪神タイガースでの17年間はどういう野球人生だったのでしょう。

狩野 終わりよければすべてよし、ですね。最後に素晴らしい引退試合(9月27日二軍広島戦=甲子園)をやっていただけたので、苦しい思い出などすべて吹っ飛んで行きましたね。あの1試合で幸せに終われました。引退試合をしてもらえる選手は少ないですから、一軍、二軍の試合は関係なく、もう感謝しています。

──ファンに愛されたという実感があったと言われていましたが、心に響いた言葉などはありますか。

狩野 「ありがとう」。この言葉が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

惜別球人

惜別球人

惜しまれながらユニフォームを脱いだ選手へのインタビュー。入団から引退までの軌跡をたどる。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング