週刊ベースボールONLINE

惜別球人2020

上田剛史 引退惜別インタビュー 愛し、愛された男 「ムードメーカーを意識したことはありません。もともと人を喜ばせるのが好きなんです」

 

ヤクルトの明るさの象徴だった。チームメートに、そしてファンに、誰しもに愛された男は現役引退を決意したときも、明るさを忘れなかった。そんな上田を間近で見てきた人々の思いが交錯する上田剛史への餞(はなむけ)、現役最後の物語──。
写真=松田杏子、BBM

9月16日のDeNA戦(神宮)、9回にフェンスに激突しながら左邪飛を好捕するも、右足首を負傷。宮出コーチに背負われながら、ナインに迎えられる


引退という決断


 誰からも愛された男だ。チームメートは先輩後輩を問わず、監督、コーチ、ファン、メディアからも。

 上田剛史はヤクルトから戦力外通告を受け、現役を引退した。ファンの前でのスピーチやセレモニーはなし。ムードメーカーとして常にチームを盛り上げてきた男は、静かにユニフォームを脱いだ。

「長いこと野球をやらせてもらえた。大好きな先輩、大好きな後輩に出会えた。一生の財産です」。プロ生活14年間を、感慨深げに振り返った。

 コロナ禍により、無観客でスタートした2020年。チームメートが本塁打を打つたびにベンチ脇のカメラに視線を向けるパフォーマンスは「上田新喜劇」と呼ばれ、各球団に波及し、球場に足を運べない全国のファンを笑顔にした。9月16日のDeNA戦(神宮)、3対2の9回二死ではフェンスに激突しながらファウルゾーンへの飛球を好捕して試合を終わらせた。右足首を負傷し、痛みをこらえながらも宮出隆自ヘッドコーチに背負われて勝利のハイタッチに参加。ナインもファンも、満面の笑みを浮かべた。

 11月10日、シーズン最終戦後のロッカールーム。未曽有の1年を終え、一息つこうとした矢先だった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

惜別球人

惜別球人

惜しまれながらユニフォームを脱いだ選手へのインタビュー。入団から引退までの軌跡をたどる。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング