週刊ベースボールONLINE

2015ドラフト指名選手クローズアップ
巨人6位・巽大介 高ポテンシャルの隠れた逸材

 

高橋由伸監督体制で新しくスタートを切った巨人に、有望な高卒左腕が加入した。高校3年間で甲子園出場実績はないが、その高いポテンシャルは注目されていた。体も出来ており“入り”がうまくいけば、早い段階で貴重な戦力となるかもしれない。
取材・文=中里浩章、写真=BBM

1年夏からベンチ入りも「投手」としては発展途上


 巨人からドラフト6位指名を受けた巽大介の名前を見てピンと来た人は、おそらく関係者でなければ相当に目の肥えたマニアだろう。これまで大舞台とはまったくの無縁。今夏も東東京大会3回戦で姿を消した。

 ただし、能力の片鱗は昔から見せている。中3の夏、春に全国優勝を果たした千葉市シニアから完投勝利を挙げた。左腕から繰り出される直球は中学卒業時の最速が135キロ。しかも180センチ70キロと華奢な上にスライダーのキレも抜群だったから、まだまだ伸びる余地を感じさせた。

 その素質に目をつけたのが、当時の岩倉高を率いた磯口洋成監督(現常磐高監督)と豊田浩之部長(現監督)だった。高校へ入学した巽は1年夏からベンチ入りを果たし、3回戦で上々のデビューを飾る。ただ、ここから伸び悩んだ。本人いわく「もともとヒョロヒョロで下半身がしっかり使えず、上体の力に頼った投球をしていた」から、どうしても球が上下にブレやすい。ボール球が先行して自滅するパターンが多く、「投げている球は素晴らしいけど安定感がない」というのが周囲の評価だった。

体重増で土台が安定しキレと回転数がアップ


 大きな転機が2つある・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

ドラフト指名選手クローズアップ

ドラフト指名選手クローズアップ

ドラフトで見事に指名を勝ち取った選手たちに焦点を当てる短期集中連載。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング