週刊ベースボールONLINE

2015ドラフト指名選手クローズアップ
楽天7位・村林一輝 巧みな打撃が売りの未完の大器

 

最速141キロの本格派右腕であり、50メートル6秒2、遠投110メートルと身体能力が高く、打っては四番を任された。大阪の有力公立校に在籍も、3年間で府大会8強が最高成績で甲子園には縁がなかった。攻守にわたる野球センスの塊であり、プロでは野手として一流選手の域を追い求める

好投手から結果を残し芽生えた現実的な目標


 二刀流という言葉は、野球界において、今や2足のワラジを履く選手の常套句となっている。大阪の公立の雄・大塚高で1年夏の府大会から、その“二刀流”を全うしてきた男が、10月22日のドラフトで楽天から7位指名を受け、晴れてプロ野球選手の仲間入りを果たした。その名は村林一輝だ。

「(7位指名で)時間が遅かったので、指名されるのか、ずっとドキドキでした。『選択終了』していく球団がある中で、もう無理なのかな……と思ったので、名前を呼ばれたときは涙が出ました」

 子どものころから野球に取り組んできた者の誰もが、プロ野球選手になることを目標に抱く。ただ、大阪の府立校で地道に白球と向き合ってきた村林が、その夢を現実に見るには大きなきっかけが必要だった。

「自分がプロになるイメージなんて、昨年まではどうしてもわきませんでした。でも、高校でずっと野球をしてきていろいろな学校や選手と対戦して、自分もやっていけないことはないと思えるようになったんです」

 そう感じたのは今春の府大会が終わってからだった。初戦で、昨夏から府内で注目を浴びてきた好右腕・吉田大喜を擁する大冠高といきなり対戦。試合は互いに譲らないまま延長戦に入ったが、11回に自ら2ランを放って試合を決め、投打にわたり実力の片りんを見せつけた。

 準決勝では来年のドラフト上位候補の履正社高の2年生左腕・寺島成輝に対し、寺島の宝刀であるフォークをうまくとらえ、センター前へ運んだ。その後の打席でもヒットを放つなど、3打数2安打。「変化球でしたけれど、うまく持って行けたと思います」。注目選手に対してひるまず自分の力を見せつけられたことは、気がつけば大きな自信になっていた。

履正社のドラフト上位候補左腕・寺島から2安打を放つことなどで自信を深め、プロ野球の世界で勝負したい欲がわいてきたという



小学校から投手兼遊撃手、取り組み熱心な練習の虫


 野球を本格的に始めた小学校1年から投手とショートを兼任してきた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

ドラフト指名選手クローズアップ

ドラフト指名選手クローズアップ

ドラフトで見事に指名を勝ち取った選手たちに焦点を当てる短期集中連載。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング