週刊ベースボールONLINE

侍ジャパン・東京五輪の試合日程・速報はこちら

2020ドラフト指名選手クローズアップ

西武4位・若林楽人(駒大/外野手) 内、外野を守れるユーティリティープレーヤー

 

50メートル走5秒8に遠投125メートル。身体能力の高い外野手は20年秋、東都大学リーグで4本塁打と、パンチ力を見せつけた。スピードとパワーを兼ね備えたプレースタイルは西武の野球と合致しそうである

20年秋のリーグ戦では4本塁打。4年間では通算7本のアーチを放ち、計11盗塁とアグレッシブな走塁も持ち味である[写真=BBM]


 持ち味を存分に発揮したのは、2020年秋の学生ラストシーズンだった。東都大学リーグ戦では開幕からの2戦連発を含む4本塁打、打率.310(リーグ10位)13打点、3盗塁などの活躍で初のベストナインを満票で受賞した。

「ドラフトまでアピールしたいという気持ちはありました。名前を呼ばれたときはホッとしました」。西武4位指名を受けた後、若林楽人は話した。

 実家は北海道・白老町の浄土真宗本願寺派の眞證寺。「楽人」という名前は、日本の古典音楽の雅楽における指揮者を意味している。中学、高校時代も最終学年では主将を務め、駒大でも昨秋の新チームスタート時、立候補して主将に就任した。自身の名前の由来についてこう話す。

「(楽人は)先頭に立って引っ張る、みたいな感じです。自分はキャプテンをやったり、責任を持つことが好きです。人としてリーダーシップを持っていることは魅力だと思うので、大事にしています」

 住職の父が西武ファンで、自身も子どものころ、西武で活躍していた中島宏之(現巨人)にあこがれていた。西武はなじみのある球団。「選手一人ひとりにスペシャリストがいて、各部門においてとても魅力的な選手が多いと思います」と・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

ドラフト指名選手クローズアップ

ドラフトで見事に指名を勝ち取った選手たちに焦点を当てる短期集中連載。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング