週刊ベースボールONLINE

2021ドラフト指名選手クローズアップ

DeNA育成1位・村川凪(四国IL徳島/外野手) ハマの「1席」を狙う足のスペシャリスト

 

誰にも止められない足で魅了できる。唯一無二の武器を携えて、NPBの世界に足を踏み入れる。育成からのスタートだが、しがみついてでも、支配下登録を手にし、自らの働き場所をつかんでいく。
取材・文=高田博史(スポーツライター)

10月21日、DeNAから指名あいさつを受けた。左から中川大志スカウト、村川、武居邦生スカウト[写真=高田博史]


 午後7時11分、「選択終了」の文字が映し出され、全12球団が指名を終えた。ここまで四国アイランドリーグplusからは、1人も名前を呼ばれていない。育成ドラフト会議が始まるまで、10分間の休憩がある。記者会見場で周りが席を外そうとする中で、村川凪は、椅子から立ち上がることができなかった。

「ヤバい……」

 まったくの無名だった自分に、NPB6球団から調査書が届いたことは、あり得ないことが起きたと思っている。後期は打率.317を残し、目標としていた盗塁王も獲れた。オレ、よく頑張ったな。そんな達成感を抱き、指名を待っていた。

 だが、今は違う。内々にNPB3球団から連絡のあった「ドラフト下位で指名する」という話が覆されてしまった。

「何かちょっと、誰とも話さずに、1人になっておきたいなあって……」

 育成ドラフト会議はDeNAから始まる。最初に自分の名前が読み上げられ、思わず天を仰ぐ。カチコチに固まっていた体が、フワッと軽くなった。

「一気に解放されたっていうか。ホントに泣きそうになりました――」

コロナ禍で就職が白紙


 幼稚園のころから、駆けっこでは負けたことがない。小学生時代、村川は走って、友だちは自転車に乗って競争するのも、当たり前の光景だった。

 四日市大では3年時から主将を任され、東海地区大学野球三重県リーグで2年春、3年秋に(その後、4年秋にも)盗塁王を獲得している。全国的な実績はなかったが、地元・広島にある社会人企業チームへ就職する方向で考えていた。

 しかし、コロナ禍のために・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

ドラフト指名選手クローズアップ

ドラフトで見事に指名を勝ち取った選手たちに焦点を当てる短期集中連載。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング