週刊ベースボールONLINE


Vol.42 山岡泰輔(東京ガス・投手) プロでも先発を任せられる逸材

 

高卒の社会人選手は入社3年目がドラフト解禁イヤーとなるが、“ストレート”で指名されるケースは珍しい。右肩上がりの成長を遂げてきた152キロ右腕・山岡泰輔は堂々の「ドラフト1位候補」として運命の日を待つ。


 瀬戸内高時代には3年夏の広島大会で広島新庄高のエース左腕・田口麗斗(現巨人)との延長15回引き分け再試合の末に投げ勝ち、甲子園に出場。高校日本代表でも活躍した。上背はないが、早くからドラフト候補に挙がっていた逸材だ。東京ガスでは1年目から抑えに先発にフル回転。今夏の都市対抗ではNTT西日本相手に完封勝利を挙げるなど、着実に成長している。「即戦力」として評価している球団は、1位指名に踏み切る可能性もある。

 投球フォーム(9.0)は左ヒザの上げ方がスムーズで、バランスが良い。軸足となる右足に体重をしっかり乗せてから打者に向かっていく。欲を言えば左の腰がもう少し前に出てくる形になって、胸の張りが出てくるとさらに安定感は増す。

 150キロを超えるストレート(8.5)は威力十分。キレもあり、打者の手元で押し込める球質となっている。常時140キロ中盤を計測するようになれば、プロでも簡単には打たれないだろう。

 変化球(9.0)は縦に大きく変化するスライダーが一番の武器。ウイニングショットとして十分使える。緩いカーブもマスターすれば投球の幅は広がる。制球力(8.5)は右打者の外角への精度が高い。変化球でもストライクを取るのに苦労しないから、投手有利なカウントを作れる。課題を挙げるとすれば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

プロフェッショナルレポート

プロフェッショナルレポート

元巨人チーフスカウトで現在はベースボールアナリストとして活動する中村和久によるドラフト候補生の能力診断。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング