週刊ベースボールONLINE


Vol.32 椎野新(国士舘大・投手) 圧倒できるだけの能力あり。大器晩成型としてリストアップ

 

昨秋の東都二部優勝から一転、今春は二部最下位に沈み、野球の厳しさを実感している。とはいえ、椎野新はNPBスカウト注目の存在に変わりはなく、秋まで視察が続くことになる。


 村上桜ケ丘高では甲子園出場はなく、全国的には無名の存在だったが、スカウトの間では素材の良さは知られていた。

 国士舘大に進学し、1年秋に東都大学二部リーグ戦でデビュー。恵まれた体格を持っており、将来が楽しみな投手。大器晩成型として、各球団はリストアップしていると思う。入学以来、一部昇格を果たせていないので、最後のシーズンにチームを勝たせる投球ができれば、評価も上がっていくだろう。

 投球フォーム(8.0)は走者がいない場面でもセットポジションで投げ、プレートは三塁側を踏む。テークバックが小さく、ステップする左足はややインステップなので打者からすれば球の出どころが見えにくい形になっている。腕の振りはスムーズ。ただ、重心が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

プロフェッショナルレポート

元巨人チーフスカウトで現在はベースボールアナリストとして活動する中村和久によるドラフト候補生の能力診断。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング