週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

中山翔太(法大・内野手) 「21本塁打」を目指す超怪力スラッガー

 

2017年秋、神宮の杜は慶大・岩見雅紀(楽天2位)のホームラン記録に沸いた。東京六大学歴代3位となる21本塁打を放った右の大砲に匹敵する、パワーヒッターが法大にいる。新年が明け、18年ドラフトへ向けた新連載をスタートする。
取材・文=岡本朋祐

法大グラウンドに隣接するウエート室で汗を流す。趣味が「トレーニング」と言うように、全身の筋肉を鍛え上げている/写真=BBM


 野球のためなら、節制も苦にならない。昨年のオフシーズンから、食事制限を継続中だ。肉はささ身のみ、脂の多い揚げ物、カレーには手をつけず、甘い物、ジュース、ジャンクフードはもってのほか。週5回のウエート・トレにより、この1年間で体重を5キロ絞り、体脂肪は17%から13%に。186センチ95キロの中山翔太の目は本気だ。

「ターザンのようになりたい」

 日ごとに足、胸、背中、肩、腕と部位を分けて追い込む。取材日、法大グラウンドに隣接するウエート室へ向かうと、黙々とメニューを消化。ものすごい二の腕だ。バットは920グラム34インチで「ヘッドが重く、飛距離が出る」と、チーム内でも使いこなせる選手がいない、メジャー仕様のメーカーを発注している。神宮でも打った瞬間にスタンドインという規格外の打球を、何度も目撃した。趣味を聞けば「トレーニング」と即答してきた。

「ドゥエイン・ジョンソン(俳優、元プロレスラー)やスタントン、ジャッジ(ともにヤンキース)の動画で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング