週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

谷合悠斗(明徳義塾高・外野手) 六番降格から這い上がったスラッガーの真骨頂

 

人は挫折を経験して大きくなる。高校入学早々から名門校の四番を任され、甲子園でも活躍を見せたものの、2年秋の新チーム以降は苦しんだ。だが、このスランプを乗り越えるだけの精神力があった。
取材・文=大平明、写真=川口洋邦

昨年11月の神宮大会準決勝[対静岡高]で起死回生の同点2ラン。「試合に出たくない」と思うほどのスランプを経験したが「苦しい時が伸びる時」と自らに語りかけ、乗り越えた


 高校生としては大柄な部類に入る178センチ81キロの体格に、類いまれなパワーを秘める。谷合悠斗は右の長距離砲として、その才能を開花させようとしている。

 選手層の厚い甲子園常連校・明徳義塾高にあって、入学当初の1年春から四国大会に出場した。同夏の甲子園では背番号18を着けてベンチ入りすると、準々決勝と準決勝ではスタメンで五番を任され、2安打を記録している。

 同秋の明治神宮大会は足の甲の疲労骨折を抱えたまま出場しノーヒットに終わったものの、チームを率いる甲子園通算49勝の名将・馬淵史郎監督に、今年プロ入りした西浦颯大(オリックス)を差し置いて「(翌春の)センバツは四番になる」と見込まれるほど実力は折り紙つきだった。指揮官の目論見どおり、四番に入った昨春のセンバツ1回戦(対早実)では敗れはしたものの、左中間へアーチを放ち、存在感を示した。谷合は「下級生で、相手になめられていたから打てただけです」と謙そんするが、続く夏の甲子園でも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング