週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

羽田野温生(汎愛高・投手) 真っ向勝負を挑む大阪公立校の星

 

今春のセンバツでは、大阪桐蔭高が史上3校目の連覇。かつてこの“超強豪校”を苦しめた大阪公立校の右腕がいる。潜在農能力の高さはスカウト注目の存在であり、147キロエースは今夏、春夏連覇を目指す強敵との再戦を待ち望んでいる。
取材・文・写真=沢井史

汎愛高には体育科があり、大阪の府立校の中でも毎年、安定したチーム力を誇る。今夏は188センチ右腕を前面に押し立てて戦っていく


 羽田野温生の名が知れわたるきっかけとなったのは、1年秋の府大会5回戦(対大阪桐蔭高)だった。1年生ながらすでに名を馳せていた根尾昂藤原恭大らが並ぶ打線に相対した羽田野は、力のあるストレートを投げ込んだ。当時の最速は144キロ。試合には敗れた(1対8)ものの、左翼手で先発出場していた根尾から、その自信のあるストレートで空振り三振を奪い、大器の片りんを見せている。

 ただ、当の本人はそんな周囲の喧騒をよそに、いたって“普通”だったという。

 井上大輔監督は、こう振り返る・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング