週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

坂本光士郎(新日鐵住金広畑・投手) 無限の可能性を秘めた実戦派148キロサウスポー

 

コツコツと実績を積み上げてきた。高校時代は全国のマウンドを経験しているが主戦ではなく(背番号11)、甲子園での最速は127キロ。大学でもエースとなったのは4年春からという努力家だ。社会人2年で、堂々のドラフト候補となった。
取材・文=服部健太郎

高校時代の最速は135キロ。大学4年間で10キロアップし、社会人2年間でも急成長を遂げている/写真=宮原和也


「リリース時に『ボールが指にかかる』という感覚が今までずっと分からなかったのですが、この夏、初めて分かったんです」

 最速148キロを誇るスリークオーター左腕は「投手人生で、初めてできた」という指先のマメをさすりながら、自身に起こった進化をうれしそうに語った。

「力が入りがちだったテークバック時に脱力し、後ろを小さくするイメージでリリースの瞬間だけに力を集約する意識を持つようにしたところ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング