週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

山瀬慎之助(星稜高・捕手)「有終の美」誓う強肩強打の司令塔

 

2年春から今春のセンバツまで、3季連続甲子園出場。小学時代からバッテリーを組むプロ注目右腕・奥川恭伸と戦う時間も、夏を残すのみだ。経験豊富で攻守にわたる総合力が高く、抜群のリーダーシップは捕手としての適正能力が高い。
取材・文=沢井史 写真=菅原淳

今春の北信越大会で昨春、秋に続いて3季連続制覇。優勝旗を持って場内一周する主将の姿には、風格がある


「慎之助」という名前でポジションは捕手。野球経験のある父・貴幸さんが期待を込めて名付けた少年は、やがて白球を握るようになり、マスクをかぶった。

 小学2年から宇ノ気ブルーサンダーで野球を始めチーム事情であらゆるポジションをこなしてきたが、3年生の終わりごろから肩の強さを買われて捕手に定着した。そして、自分の名前の由来があの偉大な捕手であったことを知ると、自然と目で追いかけるようになった。

「小学校のころは朝、家に新聞が届くと野球面を開いて、巨人阿部慎之助選手の打撃成績をチェックしていました。阿部選手を見て『打てる捕手』にあこがれるようになって……。今も、一番の理想です」

 チーム練習が終われば、近くの空き地での壁当てで、送球練習を重ねた。父から「お風呂で手首を常に動かすと、リストが強くなるよ」と受けたアドバイスどおり、湯船での手首のストレッチを欠かさなかった。地道に努力を重ねる中で、山瀬の心を常に揺さぶるライバルが近くにいた。

 現在もバッテリーを組む奥川恭伸だ。

「奥川は打っても走っても、何をやっても当時からスゴかったです。でも、投げることだけは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング