週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

西舘勇陽(花巻東高・投手) 偉大な先輩2人が着けた「1」を背負う最後の夏

 

メジャー・リーグで活躍する大谷翔平(エンゼルス)にあこがれて、花巻東高への進学を志望した。下級生時代に出世番号「17」を着けて順調に成長を遂げたが、エースとなって以降は試練の連続。しかし、それは夏へのステップととらえる。
取材・文=高橋昌江 写真=矢野寿明

今春の県大会で自己最速147キロを計測。NPBスカウト陣の評価を高めている


 それまで試合経過を眺めていたスカウトの動きが、一気に慌しくなった。バッグからスピードガンとビデオカメラを取り出し、一斉にマウンドに向ける。その先には、この春、最速が147キロに達した右腕の姿があった。

 6月7日、春季東北大会2回戦。この日、きらやかスタジアムではプロ注目選手が続々と登場するとあって、NPB12球団22人のスカウトが集結していた。花巻東高と東北学院高(宮城)の2回戦。マリナーズ・菊池雄星、エンゼルス・大谷翔平の出身校である花巻東高・西舘勇陽がスカウト陣の対象選手だった。

 西舘がマウンドに向かったのは、3対3の7回表途中。二死一、三塁で1点も許されない場面だった。相手の流れを止める役割だったが、東北学院高の六番・菅原聖人(3年)に「ストライクゾーンで打ち取るイメージ」(西舘)で投じた4球目のチェンジアップがレフト、センター、ショートの間にポトリ。不運な中前打で勝ち越しを許した。

「あと1アウトが欲しい、早く抑えたいと思って・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング