週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

山野太一(東北福祉大・投手) 進化を続ける職人気質の149キロ左腕

 

負けない投手である。1年春から登板機会に恵まれると、19勝無敗。2年時には大学日本一を経験し、大舞台を踏んできた最速149キロ左腕だ。春季リーグ戦は消滅したが、最後の秋に全力を注いでいく。
取材・文=高橋昌江、写真=矢野寿明

2年春、3年春、秋[写真]と3度の全国舞台を経験。マウンド度胸が抜群である


「去年の借りを、返しにいきたかった」

 山野太一は雪辱に燃えていた。昨秋の明治神宮大会。東海大との1回戦に先発するも、2回4失点で降板。8対9のサヨナラ負けに「自分の力不足で負けた」と責任を感じていた。以降のオフシーズンでは「先輩に申し訳ない。春に結果で恩返しをしたい」と練習に励んだ。最速149キロのストレートは球威を上げ、「思ったところにしっかり投げ切れている」と手応えがあった。まだ肌寒さが残る春先にもかかわらず、147キロをマークするなど、ラストイヤーを心待ちにしていた。

「大学に入って一番、良い。今年は、いける」。確かな自信がみなぎっていた。ところが、新型コロナウイルスが暗い影を落とす。東北福祉大はキャンプに行けず、オープン戦もできなかった。同大学のグラウンドで練習や紅白戦を行いながら収束を待ったが、日に日に感染者は増加。4月上旬、東北福祉大の部員たちはそれぞれの実家へと帰省した。

 6月に入っても山野は生まれ育った山口県にいた。「こんなに続くのか、と・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング