週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

鵜飼航丞(駒大・外野手) 規格外の飛距離を誇る右スラッガー

 

東都大学リーグ通算7本塁打。2季連続で3本のアーチを放っており、大学球界屈指の長距離打者に成長した。ラストシーズンは打点にこだわっていくが、その延長線上で、アーチ量産に期待がかかる。
文=矢崎良一 写真提供=駒澤大学野球部、BBM

昨年、コロナ禍の活動自粛期間中に肉体改造に着手し、体重は大台の100kg。パワーあふれる打撃に磨きをかけている


 高校通算56本塁打。堂林翔太(広島)をはじめ多くの逸材を見てきた中京大中京高時代の恩師・高橋源一郎監督は「飛距離は(同校の)歴代NO.1」と、鵜飼航丞のポテンシャルを評価していた。

 180cmを超す恵まれた体躯。もともとスイングスピードは、ズバ抜けていた。高校2年秋に本格的に始めたトレーニングにより、股関節や肩甲骨の柔軟性が身につき、一冬越した3年春から一気に本塁打が増えた。NPBスカウトも注目し始めたが「まだ、プロに行けるようなレベルじゃない」と、同級生の伊藤康祐(現中日)が上のステージを目指す一方で、鵜飼はこの時点ですでに進学を決めていた。いくつかの大学から誘われたが、高校の2学年先輩のエース・上野翔太郎(現・三菱重工East)がいる駒大を選んだ。

 だが入学後、壁にぶち当たる。1年春からリーグ戦でベンチ入り。先発で起用されることもあったが、まったく打てない。2年生の春まで3シーズン、公式戦で無安打が続く。

「金属打ちがなかなか直せなくて……。打球は飛ばないし、1年の春だけでバットを10本折りました。でも、自分の苦しさよりも、先輩たちに申し訳なくて。いつも“すみません”と思いながら打席に立ってました」

 それでも駒大・大倉孝一監督は「持っているモノが違う。それは、誰だって分かりますよ」と、結果が出なくても起用した。そして・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング