週刊ベースボールONLINE

ドラフト逸材クローズアップ

久保修(大阪観光大・外野手)スカウトを魅了する自慢の三拍子「チームの勝利を最優先に、自分の良さを出していきたい」

 

50メートル走5秒9。遠投120メートル。身体能力の高い右の外野手とくれば、各球団とも補強したいポイントだろう。近畿学生一部リーグにおいて、注目の存在だ。
取材・文=沢井史 写真=牛島寿人

入学時から体重10キロアップで、打撃の飛距離も飛躍的に伸びている。特別アドバイザーの伊勢氏との出会いも大きかった


 181センチ81キロとバランスの良い体格に、甘いマスク。過去の球歴をたどると、久保修は自身のキャリアをこう明かした。

「野球は……実は高校まで、と考えていたんです」

 石見智翠館高では内野手として入学。1年秋にコーチから外野手転向を言い渡された。俊足と肩の強さを買われてのコンバートも「内野だけでなく、幅広く守れるほうが勝負できる」と意欲的に取り組んだが、目立った成果を残すことはできなかった。3年間で甲子園出場も果たせず、ここで野球はひと区切り……と考えていると、末光章朗監督から大学で野球を続けることを勧められた。大阪観光大には、ヤクルトや近鉄で打撃コーチとして実績十分の伊勢孝夫氏が特別アドバイザーとして指導に当たっていた。伊勢氏との出会いが、久保の人生を大きく変えた。

「伊勢さんの指導を受けていくうちに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング