週刊ベースボールONLINE

球界リレートーク2018-19

プロ野球交流録 球界リレートーク・巨人 谷岡竜平「高2の夏、真っ向勝負を挑まれて震えました!」

 

成立学園高の先輩・板山祐太郎からバトンを受けた巨人谷岡竜平は同じ時代に東東京大会を戦ったいまをときめく赤ヘルの四番打者へ。二松学舎大付高出身で1つ上の先輩、高校時代には準決勝で対戦した「雲の上の存在」に切り込んだ。


 板山祐太郎さんは成立学園高の2学年先輩です。入学して最初のノックでセカンドの板山さんを見たとき、「こんなにうまい人いるんだ!」と衝撃を受けました。野球センスが抜群です。「どんなタイプの打者が嫌か」との質問ですが、僕は足が速いとか、粘ったり、じっくりボールを選んでくる打者が厄介ですね。初球からガンガン振ってこられるタイプのほうが、僕の生命線であるフォークが生きると思うので。板山さんから「直球で来い」と言われましたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

球界リレートーク

オフシーズン恒例の名物企画。プロ野球選手による週替わりゲストトーク企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング